インドネシア株ドットコム

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


インドネシアが格上げされる理由

Financial Times 紙1/10/2011 は、インフレ懸念によりインドネシアの株式は、今週下落を見ているが、東南アジアでの大国の強さには影響がないようであると報じている。金融危機以来、インドネシアは、多くの投資家が対象国として認識しており、投資適格に復帰する可能性がささやかれている。そして、以前は、投資適格国に格上げするかどうかという状況が、いつ格上げかに話題が移っている。
その理由は、2億4,000万人の力強い国内消費により、回復基調が証明されたからである。輸出依存の近隣諸国が不況に陥っていた中で2009年には、4.5%の成長を記録し、2010年には6.1%に加速したと見込まれている。それにより、インドネシアの国債の外国人保有率は2009年の15%から、最近では30%になっている。
インドネシアの豊富な資源や、中間層の拡大、安価な労働力と相まって、国の再評価への期待は、格上げの要因になるかもしれない。Fitchは現状、投資適格より1段下の格付としているが、今年第二四半期にはソブリンボンドの格上げをすると見込まれている。S&PやMoody’sは投資適格より2段下の格付けとしているが、2012年には格上げすると思われる。
インドネシアは、G20国の中で唯一2009年に対GDPの債務比率が減少した国である。昨年もその傾向が続いている。政府支出の減少により、2010年の財政赤字は対GDP比0.6%で、予想の2.1%を下回った。(byインドネシア株ドットコム)

ボタンを少し押していただければと。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-01-29 10:34

インドネシア、食糧危機の恐れ

Financial Times 紙1/16/2011 は、ここ1年間の多雨により、インドネシアの作物の収穫は芳しくなく、失業や食糧価格の高騰で問題が広がっていると報じている。
昨年12月には、食糧価格高騰の影響でインフレは20カ月ぶりに7%となった。特にコメの価格は、国内生産量の低下により昨年30%の上昇となり、最近、政府は、輸入に資金を投入している。インドネシアは他国に比較して一人あたりのコメの消費量が多く、米価の変化の影響は大きい。(byインドネシア株ドットコム)

ボタンを少し押していただければ。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-01-28 11:33

ガルーダインドネシア上場、値付けに問題

Financial Times 紙1/24/2011 は、国営ガルーダインドネシア航空のIPOの値付けに関して、機関投資家から厳しい反対を受け、目標の10億ドル(約830億円)の資金調達ができない状況に直面していると報じている。投資銀行からのアドバイスに反して高値を主張したインドネシア政府の失敗にもなる可能性がある。

事情をよく知る関係者によれば、インドネシアの急成長にもかかわらず、同社の株式公開に興味を持つ外国人投資家は少ないという。政府は助言を無視して1株600~800ルピアで売出するべきであると信じている。機関投資家は、提示価格が予想利益の18倍で、タイ国際航空の8倍やキャセーパシフィックの9倍に比較して割高であると理解している。ある、関係者は「高すぎる。非現実的だ」とコメントしている。

ガルーダの失敗は、大きな影響を与える。IPOを延期していて、この度IPOを再び検討しているベトナムエアラインは、ガルーダの状況を注視している。(byインドネシア株ドットコム)

ボタンを少し押していただければ。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-01-27 17:01

BRICsの生みの親、新たな国を追加

Financial Times 紙1/16/2011 は、BRICsの言葉を造った現Goldman Sachs Asset Management会長のJim O’Neill氏が、新興市場を再定義し、今月にも新たな手法を発表すると報じている。メキシコ、韓国、トルコ、インドネシアをBRICsに加えて新たなグループを設定するとのことである。同氏が言うに、「BRICsの四か国だけでは意味がなくなってきた」。

新たな手法は、例えば、GDP、企業収益、株価上下の変動率など、時価総額といった概念を超えたことになるようだ。

同氏が加えるに、「ある新興市場は新興市場として扱うべきである。流動性が低く、規模が小さく、投資家は注意するべきである。しかし、新興国でも世界のGDPの1%を超えている国々もある。成長の可能性を秘めた重要な国々がある。新興市場には経済規模の発展の可能性が高い国が含まれており、この言葉はすでに有用ではない。」
メキシコや韓国はそれぞれ世界のGDPの1.6%となっている。トルコやインドネシアはそれぞれ、1.2%、1.1%である。中国は世界第二位で9.3%、米国は23.6%、ブラジル、インド、ロシアは合計で8%である。(byインドネシア株ドットコム)

ボタンをちょっと押していただければ。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-01-27 11:06