インドネシア株ドットコム

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


インドネシア、ルピアの下げ圧力

Financial Times紙7/4/2012は、インドネシアの経済が過熱気味なっており、通貨安も相まっているが、重大なキャピタルフライトには耐えられると報じている。Standard Chartered銀行によれば、リーマンショックのような危機が到来するような最悪シナリオの場合であっても、インドネシアは資金流出には耐えられるとしている。

インドネシアルピアは5月から著しく下落している。投資家は、インドネシア市場からの資金流出を懸念している。リスク回避の行動は、最近は安定しているが、欧州危機の取り巻くリスクは残っている。同銀行によれば、資金流出はあり得るが、マクロ経済を悪化させる程には至らないとしている。

外国人投資家は1,400億ドルのインドネシアの株式を保有する。これは、市場時価総額の35%である。ルピア建ての国際は28%を保有する。資金流出の根源は、シンガポールのヘッジファンドでもなく、ロンドンの投資家でもない。むしろ国内でのキャピタルフライトである。通貨でいえばドルに向かい、金やオフショア市場に流れるのである。これは、アジア通貨危機や最近のベトナムの例でもそうである。

インドネシアはベトナムとは異なり、金融システムはここ十年は安定している。


(by インドネシア株ドットコム)

ボタンを少し押していただければと。

人気ブログランキングへ
[PR]

by indonesia-kabu | 2012-07-07 22:37

インドネシア輸出8.55%減

Financial Times紙7/2/2012は、商品価格の下落によりインドネシアの5月の輸出が8.55%減となったと報じている。中央銀行は通貨ルピアの変動の激しさで金利の引き下げは出来ない状態である。政府は、輸出の回復とインフレの目標内の推移を狙って政策金利をそのままに維持したいと考えている。一方で、アジアの新興国の中で今年最悪の成績である通貨ルピアの下落を止めることが急務である。

輸出減と共にインフレの高まりも問題になっており、6月のインフレは4.53%と5月の4.45%から上昇している。輸出減は4月の3.46%と比較しても悪化している。世界の商品価格の下落と65種類の鉱物の輸出に20%の課税を始めたことが影響している。

5月輸入は16.05%増で、4月の11.65%からも増加している。4月は貿易赤字が6億4,000万ドルとなっている。

中央銀行は7月の政策会議で金利を5.75%に据え置く見込みである。経済浮揚のために昨年10、11月にそれぞれ0.75%の利下げを行い、今年1月には0.25%の利下げをしている。通貨ルピアは今年になって4.33%の下落である。

(by インドネシア株ドットコム)

ボタンを少し押していただければと。

人気ブログランキングへ
[PR]

by indonesia-kabu | 2012-07-07 22:35