インドネシア株ドットコム

ガルーダインドネシア上場、値付けに問題

Financial Times 紙1/24/2011 は、国営ガルーダインドネシア航空のIPOの値付けに関して、機関投資家から厳しい反対を受け、目標の10億ドル(約830億円)の資金調達ができない状況に直面していると報じている。投資銀行からのアドバイスに反して高値を主張したインドネシア政府の失敗にもなる可能性がある。

事情をよく知る関係者によれば、インドネシアの急成長にもかかわらず、同社の株式公開に興味を持つ外国人投資家は少ないという。政府は助言を無視して1株600~800ルピアで売出するべきであると信じている。機関投資家は、提示価格が予想利益の18倍で、タイ国際航空の8倍やキャセーパシフィックの9倍に比較して割高であると理解している。ある、関係者は「高すぎる。非現実的だ」とコメントしている。

ガルーダの失敗は、大きな影響を与える。IPOを延期していて、この度IPOを再び検討しているベトナムエアラインは、ガルーダの状況を注視している。(byインドネシア株ドットコム)

ボタンを少し押していただければ。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-01-27 17:01
<< インドネシア、食糧危機の恐れ BRICsの生みの親、新たな国を追加 >>