インドネシア株ドットコム

インドネシア、ガルーダ航空株式、20%以上の下落でスタート

Financial Times 紙2/11/2011は、インドネシアの国営航空会社のガルーダの株式が上場とともに一時23%急落の価格をつけ、IPOでの一騒動となったと報じている。インドネシアの弱気相場の中で、強気価格の設定により株価下落のデビューとなったが、インドネシア政府が計画している他の国有企業の上場にも大きな影響を及ぼすと見られている。

一時同社の株価は580ルピアをつけたが、日中にはIPO価格の17%下落の620ルピアをつけている。同社のCEOのSatar氏によれば、「市場の影響で価格の下落は非難すべきことであるが、IPOは成功であった。5億2,400万ドル(約430億円)の調達ができ、事業拡大に向けられる。価格が下がったのは市場が弱気だったからだ」。

市場の弱気の影響は大きく、63億株の売出に対して、32億株しか買手がつかず、売れなかった分は幹事会社の3社、PT Bahana Securities、PT Danareksa Sekuritas、PT Mandiri Sekuritasが引受けている。

海外投資家は、殆どこのIPOに参加しようとはしなかった。売出価格の750~1,000ルピアは高すぎたからである。ガルーダは金融機関から580~800ルピアが妥当と助言を受けていたが、インドネシア政府が高い価格を主張した。ガルーダのIPOは、今年上場する10社の国有企業の最初の企業であった。銀行、飛行場、港湾、建設、資源企業が、その候補である。(byインドネシア株ドットコム)

ボタンを少し押していただければと。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-02-11 22:23
<< インドネシア、Bank Dan... インドネシア、6年ぶりの高成長 >>