インドネシア株ドットコム

インドネシア、インフラ不足で港での渋滞

Financial Times 紙3/2/2011 は、東南アジアの急速な経済成長の中、インドネシアではインフラ不足で港での渋滞が深刻であると報じている。インドネシアの本島のジャワ島からスマトラ島に渡るMerak港は、深刻なトラック渋滞が10キロ続くこともある。数日間待つトラック運転手も多く、腐敗する貨物を売り払わなければならない事態も起こっている。

同港の運営業者のASDPのWiratno責任者によれば、「許容範囲を超えている。一方で貨物は増えている。2月は7%増加した。運搬船の不足もあり、天候も不順である。これにより、輸送時間や荷揚げ、荷卸しの時間が通常よりもかかっている」。Merak港はインドネシアの中でも最も忙しい港の1つである。

インドネシアはアジアの中でも急速に成長しており、昨年第四四半期は6.9%成長であった。今年は東南アジアで最も成長が高いと言われている。しかし、インドネシア政府は成長に見合う資金を十分に拠出できていない。それゆえ、道路や発電所、橋、港の建設は、民間資金、特に外国からの直接投資に頼っている。2014年までに1,500億ドル(約12兆円)の資金が必要と見込まれている。(byインドネシア株ドットコム)

ボタンを少し押していただければと。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-03-03 14:18
<< インドネシア中銀、穏健派に 原油高騰、インドネシアに恵みと災い >>