インドネシア株ドットコム

S&P、インドネシア格上げ

Financial Times 紙4/8/2011 は、S&Pがインドネシアの長期外貨建てソブリン格付けをBBからBB+へ一段階格上げしたと報じている。S&Pによれば、同国の顕著なGDPの伸びと、対外債務がGDP比で24%に減少したことを格上げの要因としている。S&Pは格付機関の中でも最も注意深い企業と知られている。既に1月にはMoody’sとFitchが格上げしている。

インドネシアの昨年のGDPは、2009年の4.5%から6.1%に加速している。個人消費の拡大と外国直接投資、貿易の拡大に支えられている。昨年第四四半期には、経済成長は6.9%に拡大した。一人当たりGDPは、3,037ドルで6年間で倍になった。

ただし、S&Pはインフラ、法令の未整備、汚職などがインドネシアの高成長の妨げとなると言及している。(byインドネシア株ドットコム)



ボタンを少し押していただければと。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-04-11 06:13
<< 日本MS & AD、インドネシ... インドネシア通信会社、カンボジ... >>