インドネシア株ドットコム

インドネシア、買いの機会?

e0222570_22325682.jpg

Financial Times 紙8/5/2011 は、8/5のインドネシアの株式市場は4.5%の下落となったが、これは逆に買い時なのかという議論を報じている。

このパニック売りは、米国に影響した世界のパニックで、一時的で回復するとの意見も多い。CIMB SecuritiesのBernard 社長は、インドネシアのファンダメンタルズは健全で、力強く、今年前半の状況も良く、低インフレ、高GDP成長、消費志向も良いという。

インドネシア中央銀行は、これまでの2倍の1,200億ドル(約94兆)の資金を持ち、金融システムは健全で、一時的なショックに耐えられる。世界の市場が落ち着けば、上昇傾向は再開すると見られる。

UBSインドネシアのJoshua氏は、今回の下落は外的要因で、逆に買いの時がくるかもしれないとコメントしている。野村インドネシアのWilianto氏は、インドネシアはS&P500や台湾、他のアジア市場に連動する。経済的ファンダメンタルズからすれば、悪いところはない。売りは単なる恐怖からで、ファンダメンタルズからではないという。しかし、同氏が付け加えるに、これが終わりではなく、まだ底が見えない。欧州と米国事情がまだ不透明であるからだ。(byインドネシア株ドットコム)



ボタンを少し押していただければと。
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-08-06 22:33
<< インドネシア、富裕層の伸び インドネシア、銀行の保有限度を設定 >>