インドネシア株ドットコム

揺るぎないインドネシアも遂に屈服する

e0222570_20333477.jpg

Financial Times 紙9/22/2011は、インドネシアは、世界的騒動の中でも、国内経済の拡大と投資家の信頼を受け、投資回避地となっていたが、世界の外的要因で株式市場の下落を見ていると報じている。ジャカルタ株式指数は、この22日1日で8.9%下落した。今年に入っての上昇をここ数週間で、全て飛ばした格好である。インドネシアのファンダメンタルズは良好だが、他国の成長が止まれば、インドネシアも同様に影響を受けることになるとうことである。

インドネシアの成長と政治的安定により、ここ数年は多くの資本流入となっていた。2008~2009年の世界経済の減速時も、インドネシアは4.5%成長であった。好調な消費と商品価格の上昇、低インフレで、今年半期のGDP成長率は。6.5%に達した。

しかし、インドネシアの成長も、弱い米国経済や欧州の債務危機などには耐えられなかった。10年物国債金利も0.18%上昇し、7.3%である。ルピアも3週間で4.4%下落した。(byインドネシア株ドットコム)



ボタンを少し押していただければと。

人気ブログランキングへ
[PR]

by indonesia-kabu | 2011-09-22 20:33
<< インドネシア、投資家の回避地か? 大手投資銀行、インドネシアに再び参入 >>